映画【名探偵コナン/紺青の拳】ネタバレや感想とあらすじ【劇場版2019】

映画『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』は劇場版『名探偵コナン』シリーズの23作目で平成最後の名探偵コナンの映画です。

2019年4月12日に公開されました。

キャッチコピーは「Never let you go… “もう決して、あなたを離しません──”」「真実VS奇術VS蹴撃 雌雄を決する三位一体(トリニティ)バトルミステリー」。

映画『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』のネタバレや感想をまとめました。

 

映画『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』のあらすじ・感想やネタバレ

映画『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』の基本情報をまとめておきます。

 

映画『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』のあらすじ

19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳”。現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズ近郊にて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた。そしてその頃、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦する為、蘭と園子は現地を訪れていた。

パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネ、腕時計、服などをすべて奪われ変装することに。その正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさに「アーサー・ヒライ」と名乗る。

キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険すぎる罠がキッドを待っていた。立ちはだかったのは、そ400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は・・・・・・!?そして、不吉な何かを予兆するかのように、シンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が放出される!

“獅子の国”の煌めきが黒炎に包まれる夜、世界を揺るがす闇の計画と、新時代への鐘の音が鳴り響く……。

 

映画『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』の感想

 

ゆず
新一に扮したキッドの「おっちゃん」呼びで瞬時に正体を見抜いた蘭、凄すぎ!京極のアクションシーンはもはや別のアニメかな?と思うくらいのクオリティでした。とにかく激しかったです。最後、園子を体に縛り付けて戦うなんて…そんなの京極じゃないと出来ない技ですね。キッドは京極と関わるのをなるべく避けたいのに、京極はぐいぐい近寄っていくもんだから、キッドは相当嫌だろうなと思い、少し笑っちゃいます。シンガポールの街並みがキレイで、またいつか映画で海外行ってほしいなと思います。あと、キッドがとてもカッコ良かったです!また映画に出してほしい。

 

安室玲
京極が園子が怪我をして悲壮感満載で叫んでいるシーンが印象的です。京極が園子を背負って戦うシーンもカッコいいですが、京極とキッドが戦うシーンが一番素敵です。京極が試合に出れそうもなさそうな時、財閥の力を嫌みなく使った園子はすごいです。リシさんの気持ちもわかりますが、彼がやろうとしたことは良くないなあと感じます。キッドが水の中でもがいているシーンも印象的です。キッドが蘭に問い詰められているシーンが好きです。哀ちゃんのささやかな活躍もイイです。

 

真奈
私が一番好きなシーンは、レオン・ローに「君は何のために拳を振るうのか。その答えが見つけられないと愛するものを傷つけるかもしれない。このミサンガが切れたら心技体が一致した証だ。」と言われた京極さんが、その答えを探しながら海賊から愛する園子を守るシーンです。空手を使えば楽に倒せることができるのに、答えが見つけられないと園子を傷つけるかもしれないと逃げることに徹するが、キッドがミサンガを切った瞬間にいきなり強くなり、全力で海賊を倒していくアクションシーンが疾走感たっぷりで見ていてとても引き込まれました。

 

りおん
京極真さん、やっぱりすごい。人間離れした強さ……鎧の槍?を片手で握りつぶしている姿はこわかったです。しかも、今作のヒロインは完全に園子でした!園子、かわいい。本当にかわいかった。前髪下ろしている園子、最高だよ。そっちのほうがかわいいよ。前髪おろそ?って思いました。でも、園子背負って戦う京極さんは、園子おろしてあげてって思いました。それじゃ、園子も危ないよって。あと、キッドの正体を見抜けるなら、コナンの正体も見抜けるだろって最後の空港のシーン思いました。

 

のり
今回は今まであまりスポットが当てられなかった園子と京極さんの話が多かったです。京極さんの強さと園子を一途に想うかわいさ、両方が楽しめます。また後半の方で園子の前髪を下ろした姿も見れてとてもかわいかったです。蘭とキッドが変装した新一とのやりとりやそれを後ろから眺めるコナンの様子も面白かったです。どちらかというとミステリーよりラブコメ要素が強めですが、ちゃんとミステリーとしても楽しめ、最後は迫力満点なのでとても満足しました。

 

映画『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』のネタバレ

 

ゆず
京極が空手トーナメント戦に出場するため、シンガポールへ訪れた蘭、小五郎、園子。そして怪盗キッドに誘拐されて入国したコナン。キッドはブルーサファイアを盗み出すため、コナンを利用する。シンガポールのとある女性の殺害現場に、なぜかキッドのカードが残されていたという。キッドの手を借りなければ出国できないため、仕方なくキッドに協力するコナン。しかし、現地の実業家・レオンや、キッドをライバル視する京極に阻まれる。レオンの計画や殺人事件の解明をしていく中、京極と一緒に居た園子が暴漢に襲われ、怪我を負ってしまう。これをきっかけに、京極は自分の力を使うことを躊躇うようになってしまう。しかしこれは全てレオンの計画のシナリオ通りだった。

 

安室玲
キッドがパスポートがないコナンを拉致してシンガポールに連れていきます。コナンは蘭達にアーサー・ヒライだと名乗って地元の子のフリをします。キッドが殺人の罪をなすりつけられ追われますが、コナンと共に真相を暴きます。毛利小五郎はほとんど役に立っていないです。父親の復讐をたくらむ刑事、全てを壊してやり直そうとする悪人など、様々な悪人がいますが、見事コナンとキッドのタッグに成敗されます。キッドは新一のフリして蘭の傍にいますが、蘭は新一でなくキッドだということを見抜いています。メインヒロインは園子であり、京極が顔の絆創膏の理由などくだらないことを秘密にするのですれ違いが起こりますが、園子が自分があげた絆創膏だと知り、仲直りをします。京極が園子を背負って戦闘に挑みます。

 

真奈
園子の誘いで、京極さんの試合を見に行く事が決まった毛利小五郎と蘭。コナンも同行したいが、コナンの姿のままでは飛行機に乗ることが出来ない為、灰原哀にアポトキシン4869の解毒剤を使わせてくれと頼むが、断られる。その帰りにキッドに拉致され、目が覚めるとキッドによりシンガポールに来ていた。キッドの変装により現地の子供に変装させられているコナンは、蘭達にばれることなくシンガポールに来ることが出来た。京極さんと合流できた園子達は、京極さんからスポンサーが亡くなってしまったことで、自分は空手の大会に参加することが出来ないと告げられる。「戦いたい相手がいる」という京極さんの為に園子が鈴木財閥の力を使い、空手の大会に再エントリーをする。キッドがコナンをシンガポールまで無理やり連れてきた理由がそこで明らかにされる。京極さんのスポンサーを名乗り出た「シェリリン・タン」の殺人現場にキッドの予告状が置いてあったのだ。本当の犯人を捜すため、コナンとキッドは現地警察のリシと接触する。空手大会の優勝者に贈呈されるベルトに入っている「紺青の拳」を管理しているレオン・ローが怪しいと睨んだ2人は捜査を進める。

 

りおん
今回の舞台は、コナン史上初の海外・シンガポールが舞台です。コナンは灰原に新一に戻す薬をくれと懇願する。その理由は、シンガポールで行われる武道家の試合に招待されたからです。園子の恋人・京極真が出ます。それで新一も招待されたが、コナンの姿じゃいけない。けど、灰原は頑なに拒否。不貞腐れていたコナンの元に、蘭の姿をしたキッドがコナンを誘拐?目覚めたコナンは、スーツケースの中に入ってて、外に出たらなんとそこはシンガポールだった。キッドは新一に変装。偶然蘭たちに会ってしまい、コナンたちは咄嗟に現地の子どもといい、別名を名乗り、キッド(新一)に懐いた感じで蘭たちと同行をする。ある紺青の宝を奪おうとするが、ことあるごとに失敗するキッド。今回はとても厳しいかもとネガティブな言葉を流す。今回の犯人は、わりとわかりやすく推理がメインというより、キッドと真のバトルやキッドの危機、園子と真の恋愛がメインだったかなと思います。最後の爆発は、シンガポールから苦情がこないか少し心配でした

 

のり
シンガポールの海底に沈んだブルーサファイアである「紺青の拳」を大富豪が回収した時、殺人事件が発生し、その現場に怪盗キッドの予告状が残されていた。一方その頃シンガポールでは空手の国際トーナメントが開催されており、それに参加した京極および京極を応援しに園子や蘭、小五郎もかけつけていた。コナンはパスポートを持っていないため本来は来れなかったが怪盗キッドの策略により「アーサーヒライ」として蘭たちとともに行動をともにする。キッドは大会会場に保管された「紺青の拳」を奪おうとするが犯人により新たな殺人容疑をかけられてしまう。コナンとキッドは協力してキッドを犯人に仕立てようとしている人物とその目的を推理していく。その目的は大型船を使ってシンガポールの街並みを壊し再建するという大掛かりなものだった。コナンとキッドは協力してこれを防ぎ、さらなる犯人を突き止めていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です